アフィリエイトの神様が教える情報

情報レビュー公開中!収入アップに結びつく情報、副業で確実に収入を得る方法を紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アドセンスの収入を、

ページビュー×(クリック率)3%×(クリック単価)10円

と仮定します。


そこから、アドセンスで10万稼ぐために必要な広告表示回数は、

1日当たり約11000回、ってことになりますね。



ただ、今回挙げた数値は全部が基準値なので、


必要ページビューは「10000回」ということにしておきます。


個人差は考えないとして、これが平均値です。




アドセンスで毎月「10万円」稼ぐためには

「1日10000回」広告が表示されるだけの記事を書けばよい。



ということになるわけです。



10000回で10万円。

1000回で1万円。



目安としては分かりやすいと思います。




実際、これからアドセンスに挑戦される方にアドバイスする際には

これを基準にさせてもらうことが多いです。




結果として、ほとんどの場合

ページビューが10000回に届く前に

アドセンス10万円は達成してしまうのですが、

それはそれで別にかまわないでしょう。




この「10000回」という数字は「10万稼ぐ」云々以外に、


「ある程度アクセス数や成果が安定に向かう基準」


として捉えています。



どうしても、ページビューが2000回や5000回程度では

ページビューそのものもそうですし、その他の実績値も安定しづらい。





ということで、

アドセンスをやるなら「1日1万ページビュー」。



これが私の中では「基準」となっています。



その結果、アドセンス報酬が

毎月10万円であったり、20万円であったりと安定してくるわけです。




ただし、これ位のページビューになってくると

「警告」を受けるリスクも増えてきますので注意が必要です。


もっともこれ位ページビューがあれば、それほど「無茶」しなくても、

アドセンスなら充分稼げます。




アドセンスにおいて「記事を書く」という作業は

「ページビュー」を増やすことが目的な訳ですから、



いきなり「目標金額」を設定するより、

今回の様に「目標ページビュー」を設定する方が

わかりやすいんじゃないかなと思います。




ということで、当面の目標は

「1月10万円稼ぐ」から「1日10000回表示させる」へ変更しましょう。



最初の目標として「月1万円」を目指すなら「1日1000回」ですね。






これで当面の目標が出来たと思いますので、

今度はその目標を達成するための「計画設定」へと進んでいくことになります。

スポンサーサイト

簡単になりますが、オールドドメインの使い方ですので
参考にしてください。



★ひとつは被リンクサイトとして使用します。


ヤフーは被リンクの質を重視します。

被リンクの質とは被リンクサイトの被リンクの数や
大手ディレクトリーに登録されているサイトなどです。


しかし、そのようなサイトから被リンクを貰うことは
非常に難しいですし、自作自演で質のいい被リンクを作ると
莫大なコストが掛かります。


そこで、オールドドメインの登場です。

大手ディレクトリーに登録されていたり、被リンクを多く貰っていた
オールドドメインをGETすることにより質のいい自作自演の
被リンクサイトが簡単に出来ます。


被リンクが数十、数百もついているドメインなど見つけた日には
思わずガッツポーズですよ。




★もう一つの使い方は、ターゲットサイト(メインサイト)として使います。

被リンクサイトとしてオールドドメインを使用した場合、
100個の被リンクサイトを作ればサーバー、ドメイン代で毎月10万円近く
コストが掛かります。


たぶん、商材を買うか迷っている人はこのパターンでしょう。


そういう場合は質のいいオールドドメインを探し、ターゲットサイトに
使います。


すでに質がいい被リンクがついているサイトですから、ブログなどの
被リンクだけでも十分な効果があります。

ちょっとしたキーワードであれば簡単に上がりますので
商材のお金などは直ぐに元を取れるでしょう。


新規ドメインで2ヶ月、3ヶ月かけてコツコツ上げるのであれば
この方法で早く収益を出したほうがコストも時間も得ですね。


質のいいオールドドメインであれば、そのドメイン自体を
ターゲットサイト(メインサイト)にするだけで恐ろしいほど
SEO効果があります。
◆ ドメインが住所でWEBサイトが住居


「 ドメインとは 」 という風に検索を行なうと、

インターネット上の住所のようなものという解説が出てきます。



ドメインがインターネット上の住所とするのであれば、

そこに、どのくらいの容量のホームページスペースを置き、
どのような内容のWEBサイトを作成するのか?

という事がサイト作成だったりします。


解り易く言うと、
あなたが所有する、ドメインという住所に、どのくらいの
広さの土地(サーバー)を確保し、どのような建物(WEBサイト)が
立っているのか?


という事なんですね。



では、他の人が確保したドメイン、サーバースペース、
WEBサイトがあなたの物になるとしたら・・・


中古物件を買うような感覚です。


中古物件とは、既に人が住んでいた(使っていた)建物を、
譲り受ける事と捉えて頂いて間違いないのです。


既に完成された状態のWEBサイトで、
1ヶ月にアクセス数が確保出来ていて、且つ、キャッシュポイントも、
既に存在しているようなWEBサイトをドメインごと譲り受ける。

というような感覚の話です。


物件に関しては、必ずしも新築が良いとは限りません。
中古物件でも、買った値段よりも高く売る事が出来るモノもあります。

近くに駅が出来る予定がある。とか、
ショッピングモールが出来る。とか、

そういう材料がタイミングよく合えば、買った値段よりも、
高い値段で人に譲る事も出来るわけです。


すなわち、物件そのモノが、自らの資産として運用が可能。
という事になります。


それほど、オールドドメインは価値があります。

相互リンクでSEO FX クレジットカードなら 相互リンク 相互リンク 相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。