アフィリエイトの神様が教える情報

情報レビュー公開中!収入アップに結びつく情報、副業で確実に収入を得る方法を紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ ドメインが住所でWEBサイトが住居


「 ドメインとは 」 という風に検索を行なうと、

インターネット上の住所のようなものという解説が出てきます。



ドメインがインターネット上の住所とするのであれば、

そこに、どのくらいの容量のホームページスペースを置き、
どのような内容のWEBサイトを作成するのか?

という事がサイト作成だったりします。


解り易く言うと、
あなたが所有する、ドメインという住所に、どのくらいの
広さの土地(サーバー)を確保し、どのような建物(WEBサイト)が
立っているのか?


という事なんですね。



では、他の人が確保したドメイン、サーバースペース、
WEBサイトがあなたの物になるとしたら・・・


中古物件を買うような感覚です。


中古物件とは、既に人が住んでいた(使っていた)建物を、
譲り受ける事と捉えて頂いて間違いないのです。


既に完成された状態のWEBサイトで、
1ヶ月にアクセス数が確保出来ていて、且つ、キャッシュポイントも、
既に存在しているようなWEBサイトをドメインごと譲り受ける。

というような感覚の話です。


物件に関しては、必ずしも新築が良いとは限りません。
中古物件でも、買った値段よりも高く売る事が出来るモノもあります。

近くに駅が出来る予定がある。とか、
ショッピングモールが出来る。とか、

そういう材料がタイミングよく合えば、買った値段よりも、
高い値段で人に譲る事も出来るわけです。


すなわち、物件そのモノが、自らの資産として運用が可能。
という事になります。


それほど、オールドドメインは価値があります。

スポンサーサイト
相互リンクでSEO FX クレジットカードなら 相互リンク 相互リンク 相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。